みんなの声

投稿者 : manager 投稿日時: 2017-11-01 13:37:10 (65 ヒット)

引き続き応援をお願いします

「九条俳句訴訟」原告

 

 10月13日、勝利判決が出されました。

 裁判所は、さいたま市が原告の思想信条を理由として、俳句を不掲載としたことは、不公正な取り扱いであり、違法であると認め、原告に精神的損害賠償として5万円の支払いを命じました。判決を受けて、10月16日、さいたま市に、九条俳句をすみやかに掲載すること。また、このような違法・不公正の再発防止の具体的な改善策をとること、の2点を申し入れ、その話し合いの場をもつこともあわせて求めてきました。

 この判決には不服の点もありますが、申し入れの2点を市が約束してくれるのなら、それで良い、もう終わりにしたいと思いました。これまでの3年4か月はとても重く長い時間でした。後期高齢者には、体力の面でも不安があります。さいたま市も、多くの主張が認められているのだから、まさか控訴はしないだろうと思っていました。ところが、10月20日、申し入れについての話し合いが持たれ、市側は、申し入れの2点を拒否したばかりか、控訴することを決めた、と担当の竹居秀子生涯学習部長は平然と言いました。控訴理由は、3年前から主張しているもので、今回の判決ではっきり不公正・違法とされたものを不服としているのです。にこやかそうに装っている表情は変えず、私たちの話にまともに答えない態度は、市民に対し、市の判断は絶対で、従うのは当たり前と言っているように思いました。こんなことが罷り通っていく先はどうなるか恐いことです。

 これでは、こちらも受けて立つしかありません。逡巡してやっと決めた裁判でしたが、やはり訴えて良かったと思います。これは俳句を載せるとかどうとかを越えた問題だと思います。小さな声に応えて下さったみなさまに心からお礼を申し上げます。

俳句の師(91歳)より「市のやり方に激怒している。もう少しふんばれ」と激励のファックスをいただきました。私はみなさまと共に、ふんばって参ります。どうぞ、引き続き応援をよろしくお願いします。


報道記事

10-13さいたま地裁判決
10-13さいたま地裁判決
2017/10/18   POPLAR
3.19シンポジウム
3.19シンポジウム
2017/3/23   POPLAR
5月7日
5月7日
2016/5/7   POPLAR
埼玉中央法律事務所報
埼玉中央法律事務所報
2016/1/30   POPLAR

拡散願います